今月の生け花

今月の生け花、テーマは「水」

20:49The European Quartet




今月も京都出身の草月流師範の香山純子先生が美しい生け花を「ヨーロピアン・カルテット」ブログの読者の皆様のために生けてくださいました!夏のなごりと季節の変わり目を感じさせるこの素敵な作品のテーマは「水」。


使いました素材は「ヨーロピアン・カルテット」の国々にあるもの。サワーチェリーは真夏の大人気フルーツですが、今回はその枝が使われました。甘酸っぱいさくらんぼに似た実は、生で食べてもおいしいですが、ジャムやパイ、ソースなどに使うこともお勧めです。
パプリカは初秋のもの。スパイス・パプリカの収穫は9月中にあり、製粉所で粉にされたものが世界的に発売されます。伝統的なスープやソースに欠かせないパプリカ。さて、この度は季節感を思わせる生け花の主役になりました!

今回は、生け方の順序もカメラが追いましたので、ぜひ読者の皆様もインスピレーションとしてご覧ください!

素材:

  • サワーチェリーの枝   ちなみにサワーチェリーは日本語でスミミザクラです。
  • チリパプリカの鉢植え
  • 青い色の円形の、深みのある花器


必要な素材が揃いました
花器はガラス製、吸い込まれそうなブルー
水をたっぷりと注ぎます
サワーチェリーの枝を適切な長さにカット
形を整えます
実のついた辛いパプリカを枝ごと使います
バランスを見ながら、パプリカの枝が加えられます
完成です!
水面に移るリフレクションで立体感が増します。

どんな空間でも、きれいに映える、美しい色合いとバランス

ぜひ皆様も挑戦してみてください!




作品   香山純子先生
写真   Jusztina Lovas Photography
         フェースブックページはこちら

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック