ハンガリー ホテル

一度は泊まってみたい、歴史あるホテル ハンガリー編

13:32The European Quartet




誰もが一度はあこがれたおとぎの世界、豪華で華麗な宮殿生活。自分のお城を買うことは難しくても、泊まることならできます!宮殿、お城、貴族の歴史ある館、夢のような気分の旅が始まります!今回は、ハンガリーにある心ときめく3箇所をご紹介しましょう。


フォーシーズンズホテル・グレシャムパレスブダペスト⋆⋆⋆⋆⋆
フォーシーズンズホテル・グレシャムパレスブダペストは、ドナウ川とブダの丘のパノラマが最も美しく見える場所、くさり橋のペスト埠頭に位置しています。数年前にリニューアル・オープンした、ユニークなハンガリー風アールヌーヴォー様式(セセッションスタイル)のホテルです
ヨーロッパ大陸で二番目に長いドナウ川は、歴史的なブダペストの最も有名な特徴とも言えます。何世紀にもわたっドナウ川は作曲家、芸術家、作家達のインスピレーションのもとでした。
グレシャム・パレスは、ロンドンに本社のあるグレシャム保険会社のブダペスト本部として1906年に建てられました。元々の建物の一階は、かつて有名だったグレシャム・カフェハウスが営業し、いわゆるグレシャム芸術サークルの会合が開かれていた所です。パレスは1987年に、他の川沿いの建物と一緒に世界遺産の一部となりました。
年間の改装が完了した2004年に、グレシャムパレスは、ハンガリー初のフォーシーズンズホテルとしてオープンされましたホテルの優れたポイントのいくつかは、二百万ピースのモザイクタイル張りの床と壁壮大な階段、ステンドグラス、錬鉄製のエレベーター、それぞれが芸術的に修復されています例えば、ロビーホールシャンデリアは、一つ一つ手で作られたクリスタルの葉が76個の電球を隠しています。改装の過程で、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、最新のインターネットとエンターテインメント設備などが追加され、今の時代の要望に合わせたホテルとして生まれ変わりました
建築家のセントキラーイ・ミクローシュ氏が率いるチーム、錬鉄、銀細工、ステンドグラス、陶芸、モザイクの職人のチームのおかげで美しく完成された空間が出来上がりました。たくさんの職人さんの努力の賜物として昔の優雅さと21世紀の快適さを兼ね備え豪華なフォーシーズンズホテル・グレシャムパレスブダペスト。ぜひここで最高の滞在をお楽しみください!

住所:1051 Budapest , Széchenyi István tér 5-6.
Tel:   (36 ) 1 268 6000

フォーシーズンズホテル・グレシャムパレスブダペスト

グレシャムパレス、ロビーホール
グレシャムパレス、有名なシャンデリア

グレシャムパレス、カフェ&レストラン

グレシャムパレス、ファサードの彫刻、
グレシャムパレス、豪華客室

グレシャムパレス、寝室

プフナー宮殿ホテル⋆⋆⋆⋆
ハンガリー南部のペーチ市から50キロのメチェック山(Mecsek)の麓に近い可愛らしい小さな村、ビカル(Bikalがあります。その真ん中に位置するプフナー宮殿ホテルは、6ヘクタールの大木が美しい林に囲まれています
1841年に、ハプスブルグ軍の大将、プフナー・アンタル男爵が、ビカル村も含まれていた三つの村の合わせて5663ヘクタールの土地を皇帝から贈呈されました。お城は、1840年代の末に、素朴なピューリタンスタイルで建られ、本館は1899年に現在の後期古典主義のスタイルを得ました。しかし、プフナー家は、第一次世界大戦の終わるころに富を失ってしまい、第二次世界大戦の終わり頃、お城は、ロシア軍の本部として使用されていました兵士が去った後、プフナー家は財源不足のため、建物を復元できなくなってしまい、1950年には国有化されました。共産圏時代は、ビカル国営農場になり、漁業、ウサギや家畜の飼育、果物園が運営されていました。1996年に現在の所有者が改装工事を行い、わずか17室で ホテルをオープンしました。
現在は、高級ホテルと400人収容可能なカンファレンスセンターが本部のお城とそれを取り巻く新しい建物で運営されています彫像や小さな池で飾られたお城の公園は一般公開されています。ホテルに隣接するルネサンス·アドベンチャー·パークは、老若男女のための楽しいエンターテイメントを約束していますので、家族連れに大人気です

住所:7346 Bikal, Rákóczi u. 22.
Tel:   (36) 72  459 546

プフナー宮殿ホテル

プフナー宮殿ホテル

プフナー宮殿ホテル
プフナー宮殿ホテル、客室
プフナー宮殿ホテル、プレジデントスイートの寝室

プフナー宮殿ホテル、ロビー

プフナー宮殿ホテル、スパ

プフナー宮殿ホテル、レストラン

ラ・コンテッサ宮殿ホテル⋆⋆⋆⋆
ラ・コンテッサはハンガリー北部に位置する美しいシルヴァーシュヴァーラド市(Szilvásvárad) の宮殿ホテルです。ネオバロック様式の美しい宮殿ホテル、歴史的なワイン産地のエゲル市から約25キロの距離にあります。
建物の歴史は、1666年にまでさかのぼり、元の宮殿はケグレヴィッチ伯爵家によって建てられました。所有者が何度か変わり、ネオバロック様式に再建され、1944年までパラビチニ家の財産でした。ホテルの名前「ラ・コンテッサ」(女伯爵)は、この時代に由来し、レストランの名「エリザベート」もパラビチニ・アルフォンズ・カーロイ公爵の娘の名前が付いています。
ホテルは、大きな公園の中に位置し、屋内プールを含む650㎡のウェルネスエリアがあります。ホテルに入ると、豪華な5メートルのスワロフスキーのシャンデリアが見えてきます客室は高い天井があり、アンティーク家具の内装が美しい。すべての部屋にバルコニーがあり、山と公園の素晴らしい眺めが楽しめます。
周辺の地域にはハイキングコース、温泉、ワイン産地があり、ラ・コンテッサでの滞在は、思い出深いものになること間違いなしです!

住所:3348 Szilvásvárad, Park utca 6
Tel:   (36) 36  564 064

ラ・コンテッサ宮殿ホテル
ラ・コンテッサ宮殿ホテル

ラ・コンテッサ宮殿ホテル、公園

有名なシャンデリア
ラ・コンテッサ宮殿ホテル、レストラン

ラ・コンテッサ宮殿ホテル、レストラン
ラ・コンテッサ宮殿ホテル、客室

ラ・コンテッサ宮殿ホテル、プール

ラ・コンテッサ宮殿ホテル、スパ



ごゆっくりどうぞ!


上記二つの宮殿ホテルは、「ヨーロッパの歴史あるホテル協会」のメンバーです。
ハンガリーの歴史的な宮殿ホテルについて詳しくはこちら

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック