ハイキング ポーランド

ポーランドの冬を楽しもう!①

15:00The European Quartet



ザコパネ 写真:Adam Brzoza
ヨーロピアン・カルテットの北国、ポーランド。よく晴れるポーランドは素敵な冬が過ごせまして、多くの楽しみが皆様をお待ちしています!


まずは、ウインタースポーツです。スキーはもちろんのこと、クモテルキやスキリングやスノーポロはご存知ですか?ポーランドならではの楽しみ方が色々あります。冷え切った身体は、ぜひ山の温泉で暖め、美味しい季節の料理、例えばザワークラウトと様々な肉をワインで何日も煮込んだビゴスや ビートのスープ、バルシチなどをお試しください!

ザコパネの夜景 写真:Societe Perrier

ポーランドは、チェコやスロヴァキアと国境が接する南部に、スデーティ山地やカルパティ山脈が連なっています。ポーランドの冬の首都は、ハイキングやスキーの中心であるタトリ山のザコパネです。スポーツ活動に加えて、ザコパネはタトリ国立公園の入り口でもあります。建築も面白く、荒削りの丸太から作られた伝統的な木造のコテージに細いパターンの木彫りが目を引きます。そして高知ならではのハイランダー伝統もご紹介いたします!

スキー
ポドハレ(Podhale)地域南部の谷間に位置するザコパネは、ポーランドの冬の首都として知られる、人口30,000名の町です。ポーランドで最も標高の高い町ですので、高さ2500メートルの高タトラの峰の景色を眺めることができます。スキー客以外も含め、年間の訪問者はなんと、二百万人!人気の理由の一つに、初心からプロ級までのスキーコース、そしてクロスカントリースキーのコースも数多く備えられていることが上げられます。
宿泊施設は伝統的な山小屋からゲストハウスなど、お手ごろ価格のものもあれば、ホステルやホテルもあります。

ザコパネの特徴的な建築 写真:Jacek Proniewicz
スキーリフト 写真:Poland.gov.pl
ザコパネ 写真:Adam Brzoza 
ザコパネ 写真:Adam Brzoza
ザコパネの町 写真:Societe Perrier

そりに乗ってみよう!
その昔、17世紀のころ、そりや馬車引きそりに乗ることは、貴族の冬の娯楽の一つでした。もう一つの楽しみは、パーティー!地元のお金持ちたちは、カーニバルの季節の間、舞踏会やお祭りを開き、近所の方々を歓迎しました。お客様は馬車引きそりに乗ってやってきて、伝説によると、ホスト家の食料貯蔵室やワインセラーが空っぽになったら、みんなで隣の館に移動し、楽しみ続けたとか…

その伝統から残ったのが、クリスマスや新年のころの人気のプログラムであるクリグ(Kulig=ソリ)乗りです。ザコパネから出発するトーチライト付き観光ツアーはタトラ山脈高地の冬の一番の出し物。プログラムには、キャンプファイヤーを囲んで、ポーランドの高地特有のチーズやお茶を飲み、民族舞踊団のパフォーマンスを楽しむのも含まれています。ビデオをお楽しみください!




トーチライトツアー
情報提供:www.poland.gov.pl
     www.poland.travel

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック