チェコ

プラハ・オペラボール

9:30The European Quartet




今年のプラハ・オペラ・ボールの日時は2219時です!

ヨーロピアンカルテットのカーニバル社交シーズンのハイライトの一つは、プラハのオペラボールです。
今年のテーマは誕生200周年を迎えるヴェルディとワグナーです。ちなみに椿姫の初演も今年160周年を迎えます

第十回オペラボールは、音楽ジャンルとしてのオペラに敬意を払うことを年頭に構成されています。プラハ国立歌劇場Státní Operaの美しいネオ·ロココ様式のインテリアは、ダンスホールに変えられ、これは年に一度だけ、オペラ・ボールだけのための改造ですので、必見です!
すべての入場券にフルコースディナーが含まれており、今年のフード・テーマは「地中海の味」です。


美しいシャンデリアにもデコレーションが! 写真:CzechTourism.com

オペラボールのダンス 写真:CzechPosition 
オペラボールの舞台 写真:CzechTourism.com
プラハ国立歌劇場の歴史

プラハ国立歌劇場は豊かな歴史を持ち、ヨーロッパで最も美しいドイツスタイル・オペラハウスの一つとして脚光を浴びています。1888年にオープンし、新ドイツ劇場と名付けられました。初演は188815日、ワーグナーのオペラ、ニュルンベルクのマイスタージンガーでした。第二次世界大戦後、オペラハウスは、有名なチェコの作曲家に敬意を表す意味合いでスメタナ劇場と改称されましたが、チェコスロバキアが共産主義国家になった時に、オペラというジャンル自体、エリート主義と称され、公演は非常に稀になりました。堂々としたオペラハウスは長年ほったらかしになった結果、荒廃に落ちるという、悲しい時代でした。1992年に共産主義が崩壊した後、オペラハウスも復活し、再びまた改名され、この時点でプラハ国立歌劇場となりました。

プラハの国立歌劇場 写真:www.narodni-divadlo.cz

プラハの国立歌劇場 写真:Wikipedia
プラハの国立歌劇場 写真:CzechTourism.com
オペラボールの歴史

1948年に開催された第一回のプラハ・オペラボールは、当時でさえ、重要な社会的イベントでした。共産主義時代はボールもお休みをしていましたが、1992年から1995年まで開催され、そして2009年以来、毎年開催されています。以前と同じように、今年のオペラボールの目的もチェコ共和国と他国との文化の架け橋を作ることです。
そして、プラハオペラボールでは、慈善事業も行われています。定期的に重要な活躍をしている慈善団体をサポートしています。過去に国連難民基金、赤十字や孤児のためのテレザ・マキソヴァー財団が含まれていました。
2012年に続いて、最高のチェコのプレゼンターの一人、マレク・エベンがオペラボールのホストに決まりました。
どうぞお楽しみください!

オペラボールのダンス 写真:http://www.czech.cz

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック