国家祭日

お正月の伝統あれこれ③

11:00The European Quartet

ぶたちゃん、蹄、四葉のクローバー、ラッキーアイテムがいっぱい!

今回は、食べ物に関連するお正月の面白い伝統や料理をご紹介しましょう!

*注意!これらの占い、おまじないは迷信です!あまり深く考えないでくださいね!



食べてよいもの、食べちゃいけないもの

*写真は、ネット上の料理サイトから

下記の料理で作ってみたいものがあれば、フェースブックページにご連絡ください
レシピを紹介いたします!

①チキン、鶏肉
家の中の鶏肉は、大晦日の年の入れ替わりまでに全部食べるか、処分すべし!鳥は砂を引っかく時、後ろに足を蹴るので、来年の幸福が手の届かないところに行ってしまうとのいわれがあります。これは、未だに幅広く守られている古い風習の一つです。(編集部のみんなも処分しました!)

②豚肉
豚ちゃんは、お正月のラッキーアイテム!豚は土を前の方向に掘り起こすので、来年の幸福を近づけてくれます。そのため、大晦日の鐘が鳴ると、ポークのソーセージやウインナー、ハムなどを食べます。元旦の料理も、スモークハムや豚肉を料理したものが多くあります。

豚ちゃんの形をした塩味のおつまみクッキー
ラッキーアイテムの豚ちゃんのマジパン

レンズ豆とポーク


③魚
魚は、運がすりぬけてしまうので、新年には食べてはいけない、と言うのは、ハンガリー、スロヴァキアとチェコの伝統。反対に、海のあるポーランドでは、魚のウロコはコインに似ていると言うことで、富をもたらします。新年の料理としても食べますが、古い迷信では、新年のお魚のウロコをお財布に入れると、その年はもうかるのだそうです。

ニシンのピクルズ

ニシンとポテトサラダ


④レンズ豆
レンズ豆は、形が丸いということで、お金を連想させるようです。スープにしたり、シチューにしたり、お肉と一緒に食べたりします。最近では、レンズ豆のサラダも人気です。

レンズ豆のシチュー

ポークウインナー入りレンズ豆のマヨネーズサラダ

ワインヴィネガーを使った、あっさりしたレンズ豆のサラダ

④ケシのみ
ケシのみも丸くて小さく、たくさんあると言うことから富をもたらします。ケシのみの入ったデザートはヨーロピアン・カルテット全土で大人気です。ハンガリーのマーコシュ・ベイグリ(mákos bejgli)、スロヴァキアのマコヴニーク(makovník)、チェコのマコヴィー・ザーヴィン(makový závin)、ポーランドのマコヴィエツ(makowiec)が例として挙げられます。他にも、パイにしたり、パン・プリンにしたり、スポンジケーキにするのも人気です。フルーツを組み合わせるとしたら、甘酸っぱいサワーチェリー(スミミザクラ、酸実実桜、学名:Prunus cerasus)がお勧めです!

サワーチェリーとケシのみのスポンジケーキ

ポーランドのマコヴィエツ

ハンガリーのケシのみとバニラソースのパン・プリン、マーコシュ・グバ

ケシのみとサワーチェリーのパイ

スロヴァキアのマコヴニーク、トッピングはオレンジピールの砂糖漬け 

チェコのマコヴィー・ザーヴィン
*上記の写真はネット上のものを使用ています。

ポーランド語 Szczęśliwego Nowego Roku! シュチェインヒリヴェゴ ノヴェゴ ロク!
チェコ語&スロバキア語 Šťastný Nový Rok! シュチャストニー・ノヴィー・ロク!
ハンガリー語 Boldog Új Évet! ボルドグ・ウーイ・エーヴェト!

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック