ポーランド

ポーランドの夏を夢見て…

12:25The European Quartet

昨日は、子供のころの夏休みの夢を見ました。バルト海の美しい砂浜、ヒヤッとする冷たいしぶき、どこまでも広がる海と雲の景色。まだ4月ですが、そろそろ夏を考えてみてもいいかな

ポーランドは、海や水辺がお好きな方々にとって、夢のような場所。

ポーランドのバルト海岸は長さ788km、自然の状態に守られてきたた白い砂浜がどこまでも続いています。 ミエンジズドロイェコウォブジェク、ソポトは国際的にも高く評価されているリゾート地。いつまでも眺めていたいと思わせる景色、楽しいエンターテインメント、様々な魅力が揃っている場所です。朝日を眺め、もみの木の森の澄んだ空気を深呼吸。目を閉じると聞こえてくるのは、静かに浜辺に打ちつけられる波の音とかもめの声。日中は、ゲームやゴルフ、乗馬などのアトラクションをお選びいただけます。
著名なアーティストのパフォーマンスが充実している賑やかなナイトライフも高い人気を呼んでいます。

長さ788kmの、真っ白なバルト海岸

グダンスク近郊の白浜

バルト海岸とヨーロッパ全土で一番長い木造桟橋
この地域は琥珀の原産地であることはご存知でしたか?ラッキーな方は、ビーチ沿いにおちている琥珀も見つけられます!

ローマ時代から琥珀は大人気

北ポーランドは、粒子の細かいきれいな砂に恵まれており、地中海沿岸に勝るとも劣らぬ美しさです。バルト海に面して広がる海岸は、やがて断崖や砂州へ と続き、砂丘へと徐々に姿を変えていきます。ウェバ周辺では、まるで本物の砂漠ではないかという錯覚さえ起きるほどです。


スウォヴィンスキ国立公園

バルト海は、国土を横切って帯状に広がる湖沼地帯によって独立した地形を形作っています。ドラフスコ、カシューブィ、ポーランド最大の湖であるシニァルドヴィとマムルィを擁するマズールィ、そしてスヴァウキの各湖沼地帯は、氷河期の置き土産です。
南には湖が多く点在するマズールィとポモージェの湖水地方があります

マズールィとポモージェの湖水地方
幾千もの湖や水路のあるこの地域、その中のいくつもの湖が運河でつながっています。ヨーロッパのどこを探しても、これほど多くの水路は他に見当たりません。ヨットハーバー、漁夫の住む古い村、船乗りを歓迎するためにできたレストラン、この地域ならではのコミュニティーの歴史が感じられます。

クリスタルのように透き通った湖で泳いでみるのはいかがですか?

ビエブジャ地域

マズールィ湖水地方の離れ島


マズールィ湖水地方のミコワイキ町
魚の種類が豊富であることから、多くの釣り人を惹きつけています。あちらこちらに点在するウォータースポーツセンターではウィンドサーフィン、セーリング、カヤック、水上スキー、ダイビングが楽しめます。

海釣り

バルト海岸の乗馬

カヤック大会

マズールィ湖水地方のカヤックツアー

カイトサーフィン

ヨットレース

マズールィ湖水地方のウィンドサーフィン
自然のままに残っている深い森の中に隠された湖、ここは数百種類の鳥が集まるサンクチュアリー。安らぎと静寂を求める人々やバードウォッチャーにとっても最高の地域ですね。

ガチョウ

オジロワシ
  

写真提供:ポーランド政府観光局




こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック