アニメ チェコ

もぐらのクルテク

19:21The European Quartet

ヨーロッパで「クルテクって知ってますか?」と訪ねたら、きっと誰もが知っていると言うに違いありません。今回は、皆のハートを今でも魅了し続けている、このかわいらしい漫画のキャラクターをご紹介しましょう​​。

For the English version click here!

by Zdeněk Miler

クルテクとはチェコ語でもぐらという意味です。同じ題名のチェコアニメは1956年に原作者ズデネック・ミレルによって誕生しました。



クルテクは仲良しのねずみくん、うさぎくん、森の仲間たちと楽しく暮らしています。好奇心いっぱいのクルテクは、冒険をしたり、街におでかけしたり。

最初のエピソードは、「もぐらのクルテク~もぐらくんとズボン」と言う題で、すぐに大ヒットとなりました。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞するほどでした。最初のエピソードに続いて、50編がその後に続きました。
by Zdeněk Miler
困っている人がいると助けようとする、いつも陽気でフレンドリーなもぐらのクルテクの物語は、言葉なしでも理解ができます。中央ヨーロッパでたちまち人気になった後は、すぐに世界的に幅広く親しまれる様になりました。世界中、長年にわたり子供と大人に素敵な夢を与える「おやすみアニメーション」です

by Zdeněk Miler

この作品の特徴は、無声映画のようであることです。ナレーションのあった最初のエピソードの後、ミレルは、世界のすべての人が理解できるようにと願い、会話を最小限に抑えると決めました。こうしてそれぞれのエピソードには対話がなく、もぐらのクルテクは、非言語的なしぐさなどで喜怒哀楽の感情を表現しています。反対に、ミロシュ・ヴァチェクとヴァディム・ペトロフがお届けする音楽には重要な役割が与えられました。

by Zdeněk Miler
ミレルは一つ一つのエピソードの中で子どもたちに道徳的な価値を教え、夢を与えています。ミレルは、世界中のすべての子どもたちメッセージを伝えようとしました。どこか懐かしく、心がなごんでしまうすてきな作品、一度見たら忘れることはありません。

お楽しみください!








こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック