チェコ ポーランド

2013 IODA ヨーロッパ選手権

12:59The European Quartet

夏と言えば、ウォータースポーツ!セーリングなど最高の楽しみです!今日は、629日と77日の間、ハンガリーのバラトンフォルドヴァール(Balatonfoldvar)で開催されたIODAヨーロッパ選手権をご紹介しましょう​​。主催はスパルタカスセーリングクラブでした。

For the English version click here!

photo by Gábor Cserta
まず第一にIODAとは国際オプティミストディンギー協会の略ですが、「オプティミスト」は英語のOptimist でその意味は「楽天家」です 。全長2.31m、全幅1.13mのこの小さなヨットは、OPの愛称で世界中の人々に親しまれています。国際セーリング連盟が承認する最も小さなクラスであり、国際的に15歳までの子供達にだけ許され、毎年世界選手権大会を始め、多くの選手権が行われています。OPの特徴は強風下でも強い安定性が保たれ、安全に操船できる事で、ヨットの入門艇として100ヶ国、15万人以上の子供たちに普及しています!
今大会は壮大なイベントとなりました。日本、ブラジル、米国、中国、ヨーロッパのほとんどの国を含めた40カ国から248名が参加、内102名の女子と146名の男子でした。

photo by Sophie
photo by Gábor Cserta
photo by Gábor Cserta
当然のことながら、選手達は真剣です!ベストを尽くしてレースに専念し、お互いのタイムを抜こうとします。けれども一旦岸に上がると、友情が生まれ、ゲームが広がり、みんながお互いの文化について学びます。共通の言語がなくても、一生懸命になってコミュニケーションする遊び心あふれた子供たちを見ていると、特別な何かが起きていることが強く感じられるマジカルなひととき。みんな、この楽しい一時を一生忘れないでね!

photo by Gábor Cserta
photo by Sophie
photo by Sophie
photo by Sophie
photo by Sophie
photo by Sophie
レース中、ポーランドとチェコのチームの短いインタビューをすることができました。

まずポーランドのチームを見てみましょう。Julia Szmit, Agnieszka Urbas, Joanna Trejter, Mikolaj Jaworski, Adam Glogowski, Damian Kosmalski と Tytus Butowski さんです。

photo by Sophie
メンバー達の出身はそれぞれ別の町。例えば、ダンスク湾の重要な港町であるグディニアや、ヴァルタ川の都市であるポズナン、または、ポーランドの北東部にあるギジツコでした。

彼ら曰く、ポーランドの最も人気のあるセーリング拠点はニェゴーチン湖(Niegocin)、ハジュコヴスキエ湖Charzykowskie)、キェールスキエ湖(Kierskie)そしてもちろんの事バルト海です。

チェコチームのメンバーはMichal Kostyr, Jonatan Klimes, Benjamin Prikryl, Martin Kmenta, Lenka Kalisova, Anna Teubnerova and Katerina Svikovaさん7名です。



彼らの好きなトレーニング拠点はリプノ湖(Lipno)やノヴェー・ムリーニ湖(Nové Mlýny)だそうです。


photo by Gábor Cserta
なぜセーリングを始めたかを訪ねると、代表達のほとんどは、家族に影響を受けて、45年前に始めたと言いました。みんなのセーリングの好きなところは、このようなイベントに参加できるおかげで、見知らぬ場所を訪問したり、世界中の人々に会うことができること。

バラトン湖についてどう思いますか?と言う質問に対し、みんな口をそろえてバラトン湖はとてもきれいで気に入ったと言います。残念ながら普段は風が良く通るバラトン湖ですが、レース中はセーリングにとっては悪天候。風は、軽すぎたり、方向転換が多かったり。そして挙句の果てに、35度を上回る気温!



若いセーラーたちの夢は将来のオリンピック選手になることです。みんながんばってね!

 


 

 






こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック