ポーランド

白浜のバルト海 ソポト・グディニア編

18:51The European Quartet

思い出深いグダンスク訪問の後、まだまだトリシティ・エリアを離れないでくださいね!ソポトとグディが提供する、見る価値のある場所は多くあります!   

For the English version, please click here! 

Sopot pier   photo by Poland MFA

ソポト Sopot

バルト海沿岸に位置するソポトは 17世紀半ばに設立され、別名「北のモンテカルロ」とも呼ばれています。最初からマリンリゾートとして人々に愛されて北ソポト。多くの宿泊施設、レストラン、カフェ、クラブを備えた夏の観光スポットです。

ソポト  photo by Poland MFA
ビーチでの長い一日を過ごした後、プロムナードをのんびりと散策してみてはいかがですか?それとも「森のオペラ」Opera Leśna)のコンサートは?

住所 Stanisława Moniuszki 12, Sopot, Lengyelország
電話 +48 58 555 84 00

「森のオペラ」  photo source

あるいは有名な桟橋を歩いてみませんか?150年前に建てられソポトのユニークなランドマーク、458mにも及ぶ木造桟橋です。

Sopot pier   photo by Poland MFA
ビーチのすぐ側には、1920年代に皇帝ウィルヘルム風バロック様式で建てられたグランドホテルがあります。ソポトの最大かつ最もエレガントなホテルです。

グランドホテル  photo by Poland MFA

グダンスクとソポトのちょうど間くらいに位置するオリーヴァ(Oliwa)は、「世界でもっとも美しい音色のオルガン」といわれるパイプオルガンのある大聖堂で有名です。オリーヴァ大聖堂は十字型のゴシック建築で、聖堂の美しさを最高に引立たせているパイプオルガンは華麗なロココ様式。音色をどうぞお楽しみください!

オリーヴァ大聖堂    photo by Poland MFA



グディニア Gdynia

ソポトから西へ数キロ行くと三連都市の中で最も若い都市、グディニアです。グディニアは、既存の村の敷地内に1920年から1930年にかけて驚くべき速さで人工的に建てられました。 1918年に独立を回復した後、グディニアはポーランドの主要港と造船の中心地となりました。1923年からグディニアは、世界最大の造船所の一つとなりました。

Dar Pomorza   photo by Poland MFA
トリシティは、魚で有名です。グディニアの「魚市ホール」でははあらゆる種類の魚介類を手に入れることが出来ます。ポーランドのバルト海沿岸はニシン、タラ、サケ、ウナギ、ヒラメやカレイが獲れます。

グディニアの近代的な中心部は、人気のショッピングエリア。例えば、ソポトの方向にある公園近くのマリン大通りがお勧めです。


この地域の有名なお酒としては、金の薄片が入ったゴールドワッサー、ポーランドのアブサンと言われているニガヨモギから作られるPiołunówkaと、ワイルドビーと言う意味のDzikaPszczoła。後者はクリアなウォッカで、 森のハーブと蜂蜜を配合しています。

Goldwasser   photo source

DzikaPszczoła  
Piołunówka 

ご滞在をどうぞお楽しみください!

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック