ハンガリー フェスティバル

スミソニアン・フォークライフ・フェスティヴァル

16:09Fumie

毎年6月下旬から7月上旬にかけての2週間、アメリカのワシントンで開催される「スミソニアン・フォークライフ・フェスティヴァル」、世界中の様々な地域から、その土地に伝わる民族文化を紹介するイベントで、100万人以上の人が訪れる大規模なフェスティヴァルです。今年の3本のテーマのひとつは「ハンガリーの遺産、ルーツからリヴァイヴァル」ハンガリーの伝統文化に焦点を当てたものでした。

For the English version, please click here!


フェスティヴァルの会場はワシントンの街の中心部、スミソニアン系列の博物館がいくつも建ち、国立公園でもある広大な緑地、ナショナル・モールです。テーマごとに別れて、ステージや様々なアトラクションのパビリオンとなるテントが設置されました。すべての展示はスミソニアンの各博物館同様に入場無料です。


一番大きな会場は「ダヌビア・ステージ」、ここではハンガリーの民族音楽とダンスなどが終日披露されていました。






別のパビリオンではレクチャーやディスカッションが、そしてダンスや歌の講習なども開かれていました。訪れた人が実際に参加する事が出来る、インタラクティブなところがこのフェスティヴァルの魅力でもあります。


民族衣装、刺繍、革細工や木工など工芸品の紹介、それらを作る職人の実演、またハンガリーの食文化を紹介するクッキングショーも人気を集めていました。






音楽、踊り、工芸品、食文化など、様々な角度からハンガリーの伝統文化を楽しむ事が出来るフェスティヴァル、30度を超える猛暑の日々が続きましたが、連日大盛況でした。


 (Photo & Text by Fumie Suzuki)

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック