チェコ

プラハの天文時計

20:44The European Quartet




プラハの天文時計

観光名所として名高いプラハの天文時計、またはプラハのオルロイPražský Orlojは、チェコの首都プラハの旧市街広場に1410年に作られました。広場に面した旧市庁舎の建物に取り付けられているこの大型天文時計は、プラハのシンボルであり、また「天文時計」のシンボルでもあります。 

長い歴史を簡単に

プラハの天文時計は、1410年に時計職人ミクラーシュ氏とカレル大学の数学教授ヤン・シンデル先生によって製作されました。1490年頃、天文時計は、後期ゴシック彫刻が装飾され、新たなメカニズムが導入されました。16世紀、時計職人のヤン・タボルスキーによって修復・修正され、以降も、天文時計は、幾たびも故障と修復が繰り返され、さらには1865年から大改修工事が行われ、からくり人形が加えられました。翌1866年に、現在の天文時計の原型が完成しました。 第二次世界大戦中の1945年に、ドイツ軍の攻撃を受け、旧市庁舎とともに、天文時計も大きな被害を受けました。修復には3年を要し、1948年に、天文時計は再び時を刻み始めました。 

プラハの旧市街広場
旧市庁舎の天文時計
実は、旧市庁舎の塔の上まで昇れます!その階段とエレベーターも見所です!
エレベーターの写真は、写真家、Miroslav Petraskoさんの作品です。
その他の写真はWikipediaからです。

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック