ハンガリー

収穫の秋〜カロチャのパプリカ

0:52Fumie

ハンガリー料理と言えばまずグヤーシュを思い浮かべる人が少なくないと思います、そしてパプリカチキンやロールキャベツ、魚のスープなど、これらの料理に共通する重要なスパイスはパプリカの粉です。



ハンガリーの煮込み料理に欠かせない真っ赤なパプリカの粉、二大名産地はハンガリー南部のセゲド、そしてカロチャです。


9月から10月にかけて収穫されるパプリカ、天日に干され、乾燥したら挽いて粉にします。この時期、カロチャ近郊の村の軒先にはパプリカを干している光景が見られます。









カロチャは鮮やかな花柄のパターンが美しいカロチャ刺繍、その花柄をモチーフにした壁画などのフォークアートも有名です。


町には「ターイハーズ(Tájház)」郷土資料館的な古い民家があり、カロチャ刺繍の展示や、この土地に残る古い家具や道具を置き、昔ながらの生活風景を再現した部屋があります。







花と一緒にパプリカも刺繍されているのが、なんとも可愛らしい!



(Photo & Text by Fumie Suzuki)

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック