ハンガリー

さよならヴィダムパーク

16:59Fumie

ブダペストの市民公園の北側には動物園にサーカスと子ども達に人気のアトラクションが並んでいます。サーカスの隣には遊園地「ヴィダムパーク」もありましたが、残念ながら9月いっぱいで閉園となってしまいました。最後の週末となった9月28日、29日には多くの人が来園しました。


ヴィダムパークには100年近い時を経て、なお現役のアトラクションがいくつもありました。一番古いのはメリーゴーランド、1906年、ハプスブルグ家が統治していたオーストリア=ハンガリー帝国時代の回転木馬です。



1912年に作られた洞窟列車では小さな列車に乗って、詩人ペトゥーフィ・シャンドール作「ヤーノシュ・ヴィテーズ」の物語が人形と語りで展開されます。


Vidámpark

そして一番人気は1922年に作られた木製のローラーコースター、いまどきの回転が連続するジェットコースターのような絶叫系ではありませんが、木が組まれている事を実感するような、カタカタと響く音と振動は別の意味でかなりドキドキします。






ヴィダムパークとしての営業は終了してしまいましたが、今後は動物園の敷地が拡張されて、いくつかの歴史あるアトラクションは残されるとのうれしいニュースもありました。


ブダペストの動物園ではゾウ、キリン、ライオンなどの赤ちゃんが今年に入って続々と誕生したベイビーブームの年でした。





この動物園の歴史も古く1866年にオープン、2016年には150周年を迎えます。20世紀初めにデザインされた正面玄関やジョルナイ工房のタイルが美しいエレファント・ハウス、温室のパールマハーズなどハンガリーのアール・ヌーヴォー建築も必見です。







ブダペスト動物園:www.zoobudapest.com

(Photo & Text by Fumie Suzuki)


こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック