チェコ

熊さんが守るお城

23:11The European Quartet

チェコの小さな都市、チェスキー・クルムロフ。クルムロフ城は、チェコの2番目に大きなお城であり、チェスキー・クルムロフはそのお城を含む優れた建築物と歴史的文化財で知られています。

photo:wikimedia

でも、このお城はただの歴史的なお城ではありません。他では見られない光景があります。お城の塀にはなんと、熊さんが住んでいます!

photo by HD Studio

14世紀から300年間もの間、街とお城の城主はローゼンベルク家でした。伝説では、イタリアのオルシーニ家と血の繋がりがあることで、熊を贈呈されたローゼンベルク家ですが、こうしてバラの家紋に熊さんも加わりました。

photo by Matejpavel1

実際には、お城に熊が飼われル様になったのは16世紀です。最初はお城の中ににいたらしいのですが、18世紀から今日まで、塀に住むようになりました

http://www.zamek-ceskykrumlov.eu


けれども実は、チェコのお城に熊が飼われていることはチェスキー・クルムロフのみならず、ほかのお城でも観られる光景です。チェコに移り住んだドイツ貴族が広げた流行だったかもしれませんが、高い身分の人は一時、皆熊を飼っていたそうです。


トチュニーク(Točník城の熊たち http://www.images.atlasceska.cz

コノピシュテー(Konopiště城の熊さん  photo: geocaching.com

コノピシュテー(Konopiště城の熊さん photo by Anna Likeová

photo via http://celebritytime.cz

現在、塀に住んでいる熊さんたちは街の人気者です。熊さんの誕生パーティーや、クリスマス・イヴの熊フェスティヴァルも各地で行われていて、子供たちからプレゼントやおいしいスナックが与えられたりしています。


photo: kalendarakci.atlasceska.cz

Photo: lidovky.cz

text by Éva

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック