ポーランド

最新コンサートホール情報

0:05Fumie

演劇やコンサートなどカルチャー・イベントの充実しているポーランド、先日の記事でお知らせしたグダニスク・シェイクスピア劇場をはじめ、コンサートホールやミュージアムなど各地で新しい文化施設が続々と建てられています。今回は昨年オープンしたコンサートホールを2軒ご紹介しましょう。

For the English version click here!
まずはバルト海沿岸、グダニスクに次ぐ第2の港町シェチェチン、第二次世界大戦で破壊されてしまった「コンツェルトハウス」の跡地に念願のコンサートホールが建てられました。

いくつもの尖った屋根を持つこの建物、外観は真っ白!LEDライトでふわりと光る姿はまるで未来から来た物体のよう、様々な色にライトアップされる姿も素敵です。

ロビーからギャラリーまで白とグレーのモノトーン、コンサートホールは木製の天井と壁に黒の座席の配色がスタイリッシュです。

もう一軒はポーランド南部、シレジア地方の町カトヴィツェ、ポーランド国立放送交響楽団(NOSPR)の本拠地となるコンサートホールです。

カトヴィツェは炭坑で栄えた町です。19世紀、労働者達が住んだ町並みをイメージさせる煉瓦の壁がこの新しいコンサートホールを象徴的に囲んでいます。

コンサートホールの音響は日本の永田音響設計が担当、ロスアンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサートホールを担当した事でも知られている豊田泰久さんの設計です。素晴らしい音響のモダンなコンサートホールで、伝統あるポーランドのオーケストラの演奏をぜひお楽しみください!


シェチェチン・フィルハーモニック
Szczecin Philharmonic

ポーランド国立放送交響楽団
Narodowa Orkiestra Symfoniczna Polskiego Radia


こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック