スロバキア 世界遺産

中世の町並みを残す鉱山の町

21:52Fumie

スロヴァキア中部に位置するバンスカー・シュチャヴニツァは鉱山で栄えた古い町です。

For the English version click here!
Photo: speedygroundhog / Flickr
12世紀にはすでに鉱山の町と文献に記されていて、16世紀にはヨーロッパの鉱業の中心となり多くの技術者が訪れ、18世紀には鉱業を学ぶ学校も設立されます。


金や銀が掘り出され18世紀に最盛期を迎えたのち、19世紀後半には採掘事業が終了しバンスカー・シュチャヴニツァは鉱山の町としての歴史を終えました。中世の趣を残す町並みと鉱業の歴史は1993年にはユネスコの世界遺産に登録され、現在では多くの観光客を魅了しています。

Photo: Fumie Suzuki
Photo: Fumie Suzuki
Photo: Fumie Suzuki
Photo: Fumie Suzuki
街の中心にあるのが16世紀前半に作られた聖三位一体広場、中央には1709年から1710年にかけて流行したペストの終焉を記念して建てられた記念柱があります。

Photo: Fumie Suzuki
広場を囲む建物は鉱山の所有者や鉱業で財を得た人々が住居として建てました。1491年に建てられた聖カテリーナ教会もこの広場のシンボルです。

Photo: Fumie Suzuki
教会の後ろ、丘の上に見えるのは16世紀に建てられたルネッサンス様式の新城です。

Photo: János Korom Dr. / Flickr
こちらは旧城、13世紀前半に建てられたロマネスク様式の聖堂が16世紀オスマン帝国の侵攻に備えて要塞になりました。

Photo: János Korom Dr. / Flickr
Photo: Miroslav Petrasko / Flickr
屋外鉱山博物館ではガイドツアーに参加して坑道を見学する事が出来ます。

栄華の後の静寂が漂うバンスカー・シュチャヴニツァ、スロヴァキアの隠された宝石のような美しい町です。




こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック