ハンガリー フェスティバル

ターンツハーズ・タラールコゾー

22:00Fumie

毎年3月最後の週末、ブダペストのシュポルトアレーナ(スポーツアリーナ)ではターンツハーズ・タラールコゾー(Táncháztalálkozó)が開催されます。

For the English version click here!

ターンツハーズとはダンスハウスの事、ハンガリーの農村に伝わる伝統的な音楽で踊る集いです。1970年代、農村部に残る伝統芸能に魅せられたハンガリーの若いミュージシャンが、村のミュージシャンから習った音楽と踊りをブダペストに持ち帰り、ターンツハーズが開かれるようになりました。伝統を復興するターンツハーズのムーブメントはユネスコの無形文化遺産にも指定されていて、40年あまり経った現在でもカフェやバー、市の文化施設など様々な場所で、定期的に開催されています。


ターンツハーズ・タラールコゾーは一年に一度開かれる大規模なターンツハーズの祭典です。中央のステージではバンドの演奏に合わせてダンスの講習が開かれています。


2階、3階にある部屋でもミニコンサートが開かれています。こちらはハンガリーを代表する民族音楽のバンド「ムジカーシュ(Muzsikás)」昨年の4月下旬から5月にかけてラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演、東京新潟金沢でのコンサートがあり大盛況でした。


今、注目を集めているのは「ブダ・フォーク・バンド(Buda Folk Band)」、ターンツハーズのムーブメントを作った世代を親に持つ次世代バンド、伝統は着実に受け継がれていきそうです。


工芸品や民族衣装などの出店を見て歩くのも楽しみのひとつです。イースターも近いのでウサギやたまごがモチーフの雑貨がたくさん並び、子ども達向けの工作教室、刺繍の実演などもあります。











屋外には軽食のとれる一角が設けられています。ハンガリー各地からミュージシャンやダンサーが集結している事もあり、ところどころで聞こえてくるジャムセッションや歌声、バンド演奏に合わせて繰り広げられるダンスなど、ターンツハーズの熱気を直に感じられる場所です。









今年の開催は3月28日、29日です。
www.tanchaztalalkozo.hu


(Photo & Text by Fumie Suzuki)

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック