ハンガリー

シシィが愛した離宮

13:49Fumie


ブダペストから北東約30キロにある町、ゲデレー、この町にはオーストリア=ハンガリー帝国時代、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトが滞在していた美しいバロック様式の宮殿があります。


18世紀、ハンガリーの貴族、アンタル・グラッサルコヴィッチによって建てられたこの宮殿は、所有者が数回変わった後、1867年皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の戴冠を祝して、ハンガリー政府から皇帝夫妻に贈られました。自然に囲まれたゲデレー城、ウィーンでの堅苦しい宮廷生活から遠く離れ、自由な生活を満喫する事の出来るこの宮殿はエリーザベト(シシィ)のお気に入りの離宮となり、毎年春から秋にかけての数ヶ月間をこの城で過ごしていたのだそうです。


こちらは皇帝の部屋、戴冠式の様子が描かれた絵画が飾ってあります。


執務室を再現、エリーザベトの肖像画が飾られています。



建物中央にはコンサートなどに使用されるホールがあり、


こちらの棟はエリーザベトの部屋、すみれ色を基調に再現されています。階下にはエリーザベトの庭、この庭は現在のカフェのテラスに繋がります。



こちらは子供部屋、そして廊下にはハプスブルグ家の肖像画が飾られています。



部屋のひとつに乗馬服を着たエリーザベトの肖像画が飾られていました。エリーザベトは乗馬が大好きだった事でも知られています。宮廷の様々なしがらみから一時離れ、自然と戯れる事の出来るゲデレーでの生活を満喫していたシシィ、ゲデレー城は彼女がハンガリーで過ごした時間を感じる事の出来る特別な場所です。


ゲデレー城

メトロ2の終点Örs vezér ter駅から
HÉV(郊外列車)に乗りGödöllő, Szabadság tér下車
4月〜10月 10:00~18:00
11月〜3月 10:00~16:00(土、日~17:00)
入場料:2500Ft


(Photo & Text by Fumie Suzuki)

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック