スロバキア

貨幣鋳造で栄えた町〜クレムニツァ

20:50Fumie

スロヴァキア中央に位置するクレムニツァは以前のご紹介したバンスカー・シュチャヴニツァと同様に鉱山で栄えた歴史の古い町です。


旧市街の中心には13世紀から15世紀にかけて建設されたクレムニツァ市城があります。丸く円を描いて城を囲んでいる城壁、保存状態がとても良く当時の城郭都市の雰囲気を今に伝えています。




城郭の中央に建つゴシック様式の聖カタリーナ教会には古いパイプオルガンがあり、夏にはオルガン・フェスティヴァルとして毎週日曜日に演奏会が開催されています。


ハンガリー王国時代の14世紀に自治権を得たクレムニツァは、コインの鋳造所を開設した事でハンガリー王国の中で最も裕福な町のひとつに発展していきます。金貨「フローリン」そしてヨーロッパで流通していた純度の高い金貨「ドゥカット」の鋳造もしていました。


クレムニツァにはスロヴァキア国立銀行が所有するコインとメダルの博物館もあります。


コインとメダルの博物館のあるシュテファーニコヴォ広場には18世紀にペストの終焉を記念して建てられた聖三位一体の柱があります。


これから雪が降るこの地方、クレムニツァ近郊にはスキー場もあります。雪景色もロマンチックなクレムニツァの町、ぜひ訪れてみてください!


Photo by Slovakia.travel

クレムニツァ観光情報(英語):www.visitkremnica.com
Skalka Arena(スキー場):www.skalkaarena.sk

こちらもぜひどうぞ~

0 comments

読者の皆様、

本情報は、あくまで参考情報であり、掲載された情報により問題が発生した場合でも、4カ国の政府観光局では責任を負うことはできませんので、ご了承願います。
このサイトへのご意見・ご提案、情報の間違い訂正はこちらのメールアドレスにお願いいたします:
admin@europeanquartetblog.com

姉妹サイト

お勧めトピック

最近のトピック